神とは赤いマントをひらつかせながら空を飛び、

力を皆と共有しない奴のことだ。
(byレックス・ルーサー{意訳です})

と言うわけで観てきましたよ、
Superman returns。

全体的には楽しめました。
色々な場面にテーマがちらほら見られて、
考えて作っているなあと言う感じですし、
キャスティングも良かったです。
ケビン・スペーシーのレックス・ルーサーも
かなりいい感じでしたよ。

画像もすごかったですし、
話も面白く作られていました。
ところどころに笑える箇所があって、
二時間半と言う長丁場を感じさせない
工夫はしてあったのですけど、
メロドラマのような要素が多くて、
自分には長かった。(笑)

なんかもう少しどうにかして
二時間くらいにまとまっていたら、
もっと好きになれたかも。

あ、念のため書いておきますと、
これはリメークではありません。
スーパーマン2からの続き
と言うことになっていて、
皆がスーパーマンが何であるか、
知っていると言う前提になっています。
(しっかり説明も入りますけどね)

そして主人公のブランドン・ルースが
クリストファー・リーブに似ているのです。
(特に声が似ている)
良くも悪くも比べてしまいますね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中